スピリチュアル系びっちの哲学

結局、世界を愛で救いたいと願ってしまう、そんな20代後半女子の夢・キャリア・恋愛人生のココロのうちをどストレートに発信します。

ダウンサイドリスク

人は誰でも突然思いもしない恐怖に突き落とされる。
私もそうだった。
一回目は、潰瘍性大腸炎かもしれないと言われたとき。24か25歳の誕生日だった。どうして今自分は誕生日に病院に寝転がって検査を受けなければいけないのだろう。悪いことしたのだろうか。
怖かった。これから自分の一生がどうなるか見えなくて、もう一生を失った気がして怖かった。
二回目は、お母さんが癌だと留学先で知らされたとき。これにまつわる悲しみ苦しみについては、今も悲しすぎて思い出すと涙が止まらないし、まだ誰にも語れなくて、言葉にうまくここでできない。
お母さんのいない未来なんて考えられない、って病院で言ったのだけれど、今この言葉を書くだけで、辛いし、涙が止まらない。
そして、今日。いとこが骨肉腫で、検査結果が悪性だった。骨を削らないといけない。どこまで削らないといけないかわからない。
他に転移してたら…?まだ21歳なのに。
それを聞いたときどんな気持ちでいたのだろう。どれほど怖かっただろう。どれほどの恐怖と悲しみの底に突き落とされたんやろう。
想像しただけでも辛いのに、本人となったときの苦しみは誰にもわからない。それは自分の経験からも言える。
周りもまた悲しみ傷つく。
 
ダウンサイドリスクなんて本当に誰にでもあてはまることだと知ってほしい。
明日、自分でトイレできなくなったら?
明日、自分で歩けなくなったら?
明日、当たり前に近くにいた人がいない日常と未来が訪れたら?
昨日までの幸せとは考えられないくらい、一通の知らせで変わってしまう。
どれほど自分が恵まれていたのか思い知らされる。
病気は特に誰のことも攻めることができない。だからすでにボロボロの自分を質問ぜめにして責めてしまう。
あんな生活を送っていたじゃないのか?あんな食べ物を食べていたからなのか?もっと気を遣っていれば、、、
 
たぶん、世の中の人みんな表に出さないだけでいろんな恐怖を抱えているんだと思う。 
レストランで隣で食べてる人。今すれ違った人。
なんでみんなそんなに笑顔で幸せそうなの?どうして私だけなの?って昔は思ってた。
でも、みんな苦しみや心の闇はそれぞれあるのだと知った。
社会人になり、社会のなかでいろんな人と出会い、ふと漏れた言葉、表情から。
もちろん苦しみから救ってほしいと思う。思うんだけど、言葉にならない、できない、しょせん他人の痛みなんてわかってもらえないだろうという諦め。
人はそんなに強くない。
恐怖に怯えながら、でも毎日怯えて生きたくない。
どうすればいいのだろう。自分の無力さが悔しい。
アフリカの人々に愛を伝えたいと思っていても、こんなに近くの人を救えないなんて、自分の言っていることなんてちゃんちゃらおかしいけど、それでもそれはそれで自分の夢と使命であるし…。
 
伊藤忠の、がんとわかった社員への給与、仕事、家庭面のフォロー制度ができたことをふと思い出した。
ダウンサイドリスクが起きたときに、少しでも負担を減らしてあげるセーフティネットは本当に重要だと思う。誰も救ってくれないから。国だって、たった一人の国民のために動くわけでもないし、体は誰かが代わってくれるわけでもないし、病院だって技術やお金の問題で完全に治せるかわからない。
本当の本当に神様がいてくれたらいいのに。

ハンバーガー紀行 ~イントロダクション~

突然なんですが、わたし。

ハンバーガー、ものっそい大好きなんです。

肉汁垂れるけど気にせずに!!

ガブッ!!てかぶりついて、食べるの、大好き。

はたから見て、こんな女の人の姿、どう見えるのかこわいけど…(笑)

ハンバーガーはかぶりつかないとおいしくないしー♪

 

最近おしゃれなハンバーガーカフェとかレストラン流行ってますよね。

これまでおうちで普通に作れるようなお菓子のパンケーキとかフレンチトーストが「おしゃれな食べもの」として突如注目を浴びた流れで(?)、

ハンバーガーも注目されてきた感じではありますが(くやしい~)、

でもわたしは、

おしゃれさよりも、

ハンバーガーの、あの、

を食べれるところが好きなんです。

そうですよ、ハンバーガーのメインってなんです。肉肉肉。

 

ハンバーガーとは、

メインディッシュの肉の塊を食べるために、

あくまでサブキャラのパンと野菜ではさんで食べやすいようにしてあげてるだけ

なんだよ!!(注:わたしのなかでは)

目的は、お肉を食べることです。

 

マクドナルドのようなハンバーガ―を、ハンバーガーと思って食べ続けてきた日本人。

肉を食す本来のハンバーガーのおいしさを知らないまま、人生終えるのはもったいなさすぎる!!!

私もある時までは、

ハンバーガーって食べた気しないし、

なんのための料理?料理なの?間食レベルの食べ物やん?

くらいに思ってました。

マクドの罪は重い・・・。

しかし、ニューヨークでハンバーガー食べてから、

ハンバーガーのパテってこんな分厚くて肉汁ダラダラ流れるくらいジューシーでおいしいんだ?!

ハンバーガーの味って、お肉とソースと野菜の合作でこんな複合的な味だったの?!

なんって芸術的なんだ!!

って感動しました。

あ、ちなみにそのお店はシェイクシャック@NY(店舗は忘れたけど公園のとこ!)。

東京のは食べたことないからわからないですが。。

 

※東京に上陸する海外のお店の残念さについて(;_;)

東京のブルーボトルが、ニューヨークのブルーボトルで感動したあの味と全然違って、

無味無臭(;_;)(コーヒーのあの香りがフロア中全くないの!!不自然・・・)

感動ゼロ(;_;)

むしろ落胆、スタッフさんと雰囲気スタイリッシュにしてるだけだった。。

Egg's Thingsもハワイのとパンケーキの分厚さがちがってた。。

せっかく日本でも食べれるようになったのに、本来の味と違ってるから残念…

初めて食べた場合でも、「あ、騒がれてるけど、こんなもんか」ってお客さんを落胆させてしまうのも、お店としても残念だとおもう。

ま、といったトラウマで、東京に上陸したやつはいつもおそるおそる挑戦。

 

でも、ハンバーガーのおいしさを知ったあの日から!!

やっぱりおいしいハンバーガーを日本でも食べたくて、

いろいろお店探してるんです。

前住んでた名古屋、大阪でお気に入りのお店見つけることできたので、

ここで紹介できたらなー♡と。

ハンバーガーってこんなにおいしいんだっていろんな人に知ってもらいたい…!!

あとは、最近東京に移り住んできたので、

東京のおいしいハンバーガーやさん巡りするぞー!!

おいしかったとこ、紹介していきます!!

どうぞよろしく♪

「美人すぎる■■」系の言葉について

こんばんは。

もう土曜日っすね…

時間たつの早い~もうGW終わって1週間?!

てかもう2017年ももうすぐ半分終わるやん…

このままいけば人生ってめっちゃ短そう、、

 

さてさて。

 

最近はあまり聞かなくなりましたが、

前まで

「美人すぎる●●議員」とか、

「美人すぎる理系女子」とか、

「○○すぎる■■」系の言葉で社会的に活躍している女性を表すこと、

やたら多くなかったですか?

実は、あの言葉にいつも違和感感じていました。

でも、なんでなのかわからなかった。

んですけど、

今、ゆでたほうれん草にポン酢かけて食べながら、

アルノ・グリューンっていう精神分析学者の『人はなぜ憎しみを抱くのか』って本読んでて笑、

ふと気付いたことあったので、

ブログに書きとめときます。

 

発見や気づきはそのときに書き残さないと、

鋭い意見も本当に忘れてしまうものです。

今こうやって書いてる間にも、もう、数分前に心の中でつぶやいて文章になってた言葉、気持ちを的確に表すあの言葉たち、出てきません。。

自分の記憶力、過信しすぎて今までどれほどいいネタを無駄にしてきたか!!

くっ・・・!!

・・・ってのはどうでもよくて。

 

例えば、「美人すぎる国会議員」。

これって、本当は何が言いたいんですか?

と、メディアに聞きたい。

男性でも精神的なタフさを求められる職業には「不要な」「無駄な」

・女性としての綺麗さ

・(女性らしさという意味の)性

と言いたいのか?

割ときれいめで「女性らしい」女の人がやるって「意外」、

みたいな感じ?

議員とか政治家じゃなくても、

「美人すぎるシェフ」とか「美人すぎる建築家」とか、

なんか特に男性のイメージがどこかしらあった職業に就いていて、

本人はそんなこと意識してないしされたくない、

社会的に活躍している女性が

(※実際してなくても(笑)、活躍してることにして「注目度ナンバーワン☆」的にまつりあげられていることも含め)

特にそういう「呼び名」みたいなんをつけられている気がします。

でもそれって、なんか、なんだろ、

男性中心的な考え方だとおもう…。

強さ(男性を連想させる)こそ、

社会で活躍するために必須で、求められているものだ!みたいな。

そもそも「男性らしい強さ」が求められる職業に就いている女性がもつ「強さ、タフさ」って、

別に、一般的な女性よりも競争心が強いとか男性と対等である意識が強いとか、

そんなんじゃないとおもう~。

活躍している女性の強さって、他の個性と同じような、普通にその人がもってる個性の一つなだけであって。

 その人がたまたま女性だっただけ。

男性でも精神的な強靭さもってる方いるけど、これもその人自身の個性であって、

男性だからもってたわけではなく、その人がこれまで養ってきた心の強さ。 

 

あああ書いてて何が言いたかったかわからんくなってきた!!

あるよねーーあるあるこれこれーーー

だから書くの好きじゃなかったのかな。笑

言葉にしないとスッキリしてたのに、

言葉にすると急にわからなくなる、矛盾がわかる、論点が迷宮入りする・・・

でも言葉にすると、やっぱりわかることが多い。

ま、だからこそ言葉にした方がいいのか。

ってまたずれる。読んでくださっている方、いらっしゃればすいません。

 

全然まとまってないし、なにこれ・・・(笑)

まあいいや、明日にあってさらに何考えてたのか忘れてる状態で書くよりはまし。

あーさっきは、ハッそうか!!!!!ってなってたのに…

こんなしょうもない当たり前のこと言いたかったのか?

なにかもっと伝えたかったこと、忘れてる気が・・・

 

もやもや気持ち悪いけど、

今はもう悩んで思い出そうとしてもなーんか言葉にうまくできないから、ここまで!!

 

【お題ブログ】趣味遍歴:子どもの遊びと自我の発達

お題「あなたの趣味遍歴」※評価付き

今、27歳です。

ということは・・・

最近の趣味を並べたところで、たぶん他のブロガーさんと比べたら遍歴は浅いはず。

そんなら私は・・・保育園の時代から遡ってみよう!!

そして子どもの自我・教育・心理という観点から、

4段階評価もつけてみよう!!!(勢いと面白半分アイデア以外の何者でもない)

参考になるか謎だけども(特に保育園時代・・・)

 

保育園時代 

家なき子レミごっこ

当時テレビでやってたアニメ「家なき子レミ」のレミになりきって、

家の周りを冒険する。

【評価】○

想像力は養われますが、大切なぬいぐるみがボロボロになります。

結局遠出できないので(そら保育園児やったらそやわな)、

特に何も得ることなく、ただ単に飽きたときに冒険が終わります。

でもなんか、冒険するの怖くなくなるかもしれん。(根拠なし)

【方法】

大きなぬいぐるみを馬と見立て、

それに乗って地べた引きづりまわしながら冒険が始まる。

帽子はバケツで。なんの恥ずかしげもなくかぶってGO!!

しばらくの食糧もいるよねってことで、勝手に台所から拝借することも忘れない。

 

幼稚園時代

セーラームーンごっこ

セーラームーンのキャラになりきる。

【評価】×

なりたいキャラを始めに決めるのだけども、これがもめる。笑

女の子のキャラ争奪戦を甘く見たらあかん、後々の人間関係に影響がでるんです・・・(笑)

あと幼稚園児なので、第2希望のキャラはもはや希望していないから、

希望してないキャラになったとき、モチベーションをもはやもてない。

【感想?】

ヴィーナスが一番人気だったなあ。

私はいつも、断然うさぎちゃんが第一希望!!しかもかぶらず競争率低い!!

みなさんはどのキャラが一番ごっこでなりたかったですか?笑

あとプルーノは担当になったところで、ものまねしづらい・・・

小学校時代

シルバニアファミリー

空っぽの小さい人形用のおうちに、

家具をおいたり、装飾したり、

子ども心ながらにある家庭への不満を「理想のマイホーム」づくりに黙々と勤しむことで解消する。(友達と遊んでても)

そしてなぜかいつも家が完成した瞬間に、

危機的状況(謎すぎ)による村・集落全員避難、

置いたばっかりの家具もてる物だけもって冒険、野宿という謎のストーリーがお決まり。(なのに野宿のときの方が盛り上がる傾向があった)

【評価】◎

家のデザイン力、ストーリー組み立てによる想像力が養われます。

ただし、この完璧な理想のマイホームを大人になっても潜在的に引きづると、そんなのないことを思い知ったときショックかもしれません。

 

ポケモン151匹(だっけ?)のお絵かき

【評価】△

ひたすらハンカチにのってるポケモンを見て、友達と黙々と模写。

どこからの漫画家のアトリエですかってくらい、ひたすら、黙々と個人作業。

きれいに上手く忠実に描けたら満足。自己満足の世界。

でもなぜか達成感がすごい。

「今日は何匹描いてやったぜ」「昨日より上手く描けるようになったぜ」みたいな。

やはり、自己満足ですね。社交性は生まれません。

 

■祠づくり

【評価】??

ちょっとひっそりした場所を(といっても木の裏とか)神秘的な場所と指定して、

奉る。

とってきたお花とかどんぐりとか葉っぱで作った作品をお供え物としておく。

だいたい次の日破壊されてるか、なくなってる・・・。

今思えばなんかこわい。笑

 

~~~~~~

まだまだあった気もしますが、意外に趣多くつっこみどころ満載で、

書くの疲れた・・・(笑)

てかこれって趣味じゃなくない?!今見直しておもった~

いや~しかし、子どもの想像力ってすごいなぁ。

冷静に考えて変なことでも、やってる本人は違和感なく自発的にやってるし。

全ての要素が、今の考え方とか人との付き合い方にもつながってる気がする・・・。

 

はじめまして。ブログ始めました。

はじめまして。

元OL/現在大学院生のベルアメールと申します。

アラサーです。嗚呼。。。

特技は、大食い・スーツケースへの美しい荷づめ・お鍋でお米炊くことです。

 

大食い:バイキングでは120%以上の成果(元とり)をだすことに使命を感じ、達成します。終わった後は駅で沈みます。なので液キャベはバイキングに必需品です♡

スーツケース:海外旅行大好きで、ワイン5本を割らずにあの雑な海外航空の飛行機で持って帰ったことあります。

あ、ワイン好きなんす。

 

さて、突然ですが・・・

人生って苦しくて辛くて、、、

でも時に本当に美しいものですよね。

 

わたし、数年間OLやってましたが、

夢をあきらめられず、退職して進学して、今大学院生ってなわけですが、

これまでいろんな環境で、いろんなことありましたよ、ええ。

家族に(結婚はしてないです)、仕事に、恋愛に、人間関係に・・・

なんで人間ってこんなめんどくさいんでしょーねー(=_=)

決して悲劇のヒロインぶってるわけではなく、

わりと苦労して辛いこと多く経験してきたかなって想いがあって、

ドロドロして汚くても、子どもみたいでバカっぽくても、

世の中の正直な気持ちを代弁・発信することで、

共感してもらえたら・・・ええな。

会ったことないけど同じ気持ちで苦しんでる人をブログを通して少しでも応援できたら・・・この上なくうれしいな!!

そう思ってブログしようと思い立った次第です。

あと、会社辞めて学生っていうリアル経済的な心配から、

アフィリエイトやってみるか、みたいな。

 

いつか自分のコトバをエッセイにして出版するのが夢なんですが、

想いはそのときに言葉にして残さないと、鮮やかさがないし

自分で自分のあんな激情を時間がたてば忘れてしまうことの恐怖もあり

まずはタイムリーに発信したい!

まずは不完全でも伝えなくてはならん!

って思ってまして。

 

徒然なるままに書いてくので、統一したテーマとかに集約するのは無理。

でも、扱う傾向にあるのは、

日常で感じたささいなこととか思ったことを分析して、

人生とか生きることとか、大きなことに昇華させるのが好きかも。

なんかそゆの好きで得意なの。

  • ヒトとして人生どう生きるか
  • 恋と愛
  • 女と男の違い
  • ホルモンの仕業(行動・感情はホルモンによって左右されているというのが私の考え方なんです)

小出しにしたり、言っていいことあかんこと出す出さないに気を遣うのはめんどうくさい・・・

なので、ためらわずにわりとぶっとび×スピリチュアルに分析していきます。

よろしくう!!